危険な性病|若い年代でも起こりうる尿漏れ問題|泌尿器科でしっかり治そう
医者

若い年代でも起こりうる尿漏れ問題|泌尿器科でしっかり治そう

危険な性病

女の人

若い世代を中心に、罹患率が増えている病といえば、梅毒が挙げられます。この梅毒は、かつては不治の病として恐れられていた症状ですが、現在では菌に効果的な抗生物質が作られたことで、この梅毒に掛かったとしても問題なく治療が行なえます。しかし、この梅毒は潜伏期間も長く、人から人への感染力も強いため、知らないうちに梅毒に罹りキャリアとしてたくさんの人に感染させてしまう恐れもあるため、注意が必要な病なのです。初期症状も喉や粘膜への痛みなど、通常の風邪と区別がつきづらいのも問題となります。粘膜に特徴的な大きな白い斑点ができることで、症状を発覚する場合がありますが、こうした部位は自分では気づきづらいため、重篤な状態に陥って初めて医療機関へ受診する人もいるでしょう。放置すると命をも脅かされる危険な病であるため、パートナー以外との性交渉を行なった経験があれば、しっかりと検査を行なっておく必要があります。

女性がこの梅毒に罹患した場合、お腹の赤ちゃんにも影響が与えられる可能性があるため、特に注意が必要です。エイズなどと同じように、梅毒による症状もまた母子感染によってお腹の赤ちゃんにも感染してしまう恐れがあります。もしも妊娠した状態で梅毒に罹ってしまうと、流産や死産、出産後の皮膚への症状などが現れるようになるため、非常に危険なのです。梅毒検査は簡単な手順によって誰でも受けることができます。妊娠が発覚した場合は、念のため梅毒を初め、さまざまな性病検査を受けておく必要があります。