透析治療も行なう|若い年代でも起こりうる尿漏れ問題|泌尿器科でしっかり治そう
医者

若い年代でも起こりうる尿漏れ問題|泌尿器科でしっかり治そう

透析治療も行なう

医師

新宿の泌尿器科では、腎不全などの症状を罹患している人に対して、透析治療を行なっています。この透析治療とは、腎臓などの代わりに人工的な機器を使用し、血液のろ過を行なう治療法です。腎不全に陥ると、血液をろ過することができなくなるため、体の老廃物の排出や体の水分量の調節、さらには赤血球やホルモンの調整などもできなくなってしまいます。放置すると生命活動にも大きな影響が顕われるようになるので、腎不全に陥ってしまった場合は、定期的に人工透析を受ける必要があるのです。新宿の泌尿器科では、HDFと呼ばれる機器を使用した人工透析治療を行なっています。通常の透析治療に比べ、血中から老廃物を除去する機能が高いため、腎不全による体への負担をより多く取り除くことができるでしょう。

通常人工透析を受ける場合、多くの人は腹部にカテーテルを埋め込む腹膜透析治療を受けています。しかし新宿の泌尿器科では、血管から透析を受けられる血液透析と呼ばれる治療法も行なっています。腹膜透析は月に一回から二回通院することで治療を受けられるため、通院による負担は掛からないものの、腹部にカテーテルが埋め込まれていることでの見た目の問題や、身体機能における問題が懸念されます。血液透析であれば、カテーテルを埋め込む必要はありませんが、週に三回程度通院しなければならないため、生活における負担が大きくなるでしょう。どちらの治療法を選ぶべきか、新宿の泌尿器科で医師の意見を聞きながら選びましょう。